このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
2011
03
17

「Untouched」Secret Shine


このエントリーをはてなブックマークに追加
SecretShine-untouched.jpg


 今年の1月にニ年ぶりとなる新作「The Beginning and the End」をリリースしたことに驚きつつ、今回はSecret Shineのデビュー作、「Untouched」を紹介します。それにしてもリアルタイムで活躍していたシューゲイザーバンドが、再結成してここまで頑張ってくれているのはとても嬉しいことです。

 Secret Shineは、1990年にサラ・レコードからデビューし、1993年に本作をリリース。シューゲイザー・ムーヴメントの渦中で活躍し、1996年に解散。その後十年以上の時を経た2008年に再結成&新作リリース。そして現在に至っています。因みに、COTDのNARASAKIが、ベストオブシューゲイザーとしてSecret Shineを挙げたそうです。


 瑞々しくもけたたましいギターサウンドをはじめ、隅々まで行き渡る男女のコーラスワークや、甘ったるいメロディ。これらが視界をぼやけさせていく様は、まさにドリームポップ、これぞシューゲイザー。中でも、女性の耽美なコーラスがふんだんに取り入れているところが高評価でした。表に出過ぎず、雪山からこだましてくるようなコーラスの美しさは、他のバンドと比べても随一だと思います。

 他にも、全体を覆うギターノイズの波の中で、ドラムやヴォーカルが強い主張を見せている部分や、シンプルで聴きやすく部分が、ロックバンドらしくて良いですね。個人的に大好きなのは#2「Temporal」と#7「Underworld」といった、疾走感のある曲です。

 瑞々しいサウンドに関しては、さすがサラ・レコード、といったところでしょうか。夕焼けの海面反射を土手から眺めているかのような・・・、そんな青臭さや美しさを感じた作品です。8曲と収録曲は少ないですが、シューゲイザーの魅力全開の名作と断言できます。SlowdiveRide並にもっと評価されてもいいと思うのですが・・・。



  
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

タグ

プロフィール

コウヤン

Author:コウヤン
ようこそ!
音楽をメインに綴りますが、基本的にブログの方針は定まっておらず・・・。

Myホームページ
Twitter
Last.fm

Twitter

検索フォーム

ニコニコマイリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。