このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
2010
12
25

「666」HYDE


このエントリーをはてなブックマークに追加
hyde-666.jpg

 2003年末に発表されたL'Arc~en~CielのヴォーカリストHYDEによるソロアルバム。この作品はソロ二作目に当たります。この時期と言えば、バンドが活動休止から再始動を始めた頃ですね。このアルバムリリース後の翌年、ラルクとしてシングル「Ready Steady Go」をリリースし、バンド活動を本格化させていきました。

 前作「Roentgen」が霧が立ち込める森をイメージさせる幻想的な作品だったのに対し、本作は重たいリフを中心にとても洋風なロックを展開しています。当時の音楽シーンを席巻していたヘヴィロック、パンクロックの流れを汲むような、重たく攻撃的でシンプルなサウンドがこの作品では印象的です。このようにソロで極端な音楽性を披露する彼は、バンド(ラルク)とソロ(HYDE)を完全に割り切っているようですね。アングラな感じはしますが、小難しい音楽ではないので、ラルクが好きな方にも堂々と進められるロックアルバムです。

 シンプルな作風に、彼のオリジナリティが重なり、どの曲もアクが強くて癖になる曲だらけです。特に中盤#5~#7辺りのサウンドの迫力には圧倒されます。おそらくこの中盤が本作の肝ですね。他にも#4「HORIZON」、#8「Shining Over You」といったミドルバラードもあり、真っ黒な夜空にピッタリの雰囲気を醸し出しております。

 にしても「Roentgen」からこのようなサウンドになるとは・・・。ラルクで出し切れていない個性を、ソロで自由気侭に表現できた成果なのでしょうね。やはりソロはこのように個人の魅力が存分に出て来るべきですよね。もちろん、他のメンバーのソロも個性出まくりなので悪しからず。現在はVampsとして活躍中ですが、個人的にはHYDEソロ作の方がお気に入りだったり。




関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

タグ

プロフィール

コウヤン

Author:コウヤン
ようこそ!
音楽をメインに綴りますが、基本的にブログの方針は定まっておらず・・・。

Myホームページ
Twitter
Last.fm

Twitter

検索フォーム

ニコニコマイリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。