FC2ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
2010
06
27

「Drowned in Light」 Manual


このエントリーをはてなブックマークに追加
manual-drowned.jpg


 デンマークのJonas Munkのソロプロジェクト、Manualによるニューアルバム。今回の作品は6作目に当たります。

 2005年にエレクトロ・シューゲイザーの名作、『Azure Vista』を生み出した彼。しかし、その後はアンビエント・ドローンと言われる、静寂を極めた作品の制作に傾倒し、ファンをだいぶヤキモチさせたといいます。もちろん、アンビエント系の作品も、"美"が徹底されていて非常に秀逸な出来ではあるんですけどね。

 そんな作品が続いた後にリリースされた今回の『Drowned in Light』。ここで鳴らされているサウンドは、あの『Azure Vista』を彷彿とさせるエレクトロ・シューゲイザーを意識したモノになっています。

 Manualが作るサウンドはとても輝いていて、眩い光を浴びながら絶景を眺めているようなトリップ感が味わえるのが良いですね。本作でもゆったりと進むリズムに、深くリヴァーブをかけた耽美なギターサウンド・ノイズが漂い、奥行きのある音像を生み出しています。他にもアコースティックな音色が増えたのが特徴的ですが、辺りの音と溶け合い、違和感なく鳴り渡っています。

 エレクトロニカ作品ですが、ギターや生楽器の音色に重点を置いた、非常にトリップ感の強い作品です。音の配置や細かな音の使い分けが、曲ごとに情景を変える、素晴らしい作品だと思います。Cocteau Twinsの浮遊感がたまらなく好きな方にはオススメです。



関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

タグ

プロフィール

コウヤン

Author:コウヤン
ようこそ!
音楽をメインに綴りますが、基本的にブログの方針は定まっておらず・・・。

Myホームページ
Twitter
Last.fm

Twitter

検索フォーム

ニコニコマイリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。