このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
2010
06
09

「Sweet Injection」 Bertine Zetlitz


このエントリーをはてなブックマークに追加
bertinezetlitz-sweet.jpg

 ノルウェーのシンガー、Bertine Zetlitzの三枚目のアルバム。日本での知名度は皆無ですが、本国ノルウェーでは知らない人はいないほどのポップスターです。ポップシンガーということでキャッチーな曲が揃っているわけですが、本人の歌唱法はといえば、弾けるかのごとく声を張り上げるようなものではなく、とてもお淑やか。他のポップスにはない上品さを感じさせる声でした。エレクトロアーティストと呼称してもおかしくないほどのサウンドメイクと歌唱法は、ポップシンガーで通っているアーティストにしては珍しい。

 本作で名曲とされているのはシングルカットされた「Girl Like You」「Twisted Little Star」。「Girl~」はテンポの良いビートと電子音が心地良いクラブナンバーだけど、「Twisted~」は暗い曲調でゆったり進むという、まるで対照的な二曲。本作全体の内容と言えば、後者のような暗い雰囲気の楽曲が多く、リスナーを感傷に浸らせるかのような世界観が生み出されているのが印象的。

 アコースティックなサウンドと電子音が絶妙に絡む「Death in Her Room」は、少ない音でしっとりとした雰囲気を作り出し、彼女の声やコーラスで悲しみに暮れるような空間を作り出す素晴らしい曲。まるで暗い部屋を手探りで歩き回っているかのよう。まあ、この曲に惚れて本作を手にとった訳ですが、こういった雰囲気を基調としたアルバムだったので良かったです。日本では彼女の詳細について情報が乏しいのが残念ですが、積極的に輸入されれば日本でも人気が出そうなアーティストだと言えます。

 この作品を期にノルウェーはもとより、北欧の音楽シーンに興味が湧いてきました。荘厳で広大、且つ繊細な世界観を生み出すイメージがあるので、興味深いアーティストがたくさん見つかるかもしれませんね。






関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

タグ

プロフィール

コウヤン

Author:コウヤン
ようこそ!
音楽をメインに綴りますが、基本的にブログの方針は定まっておらず・・・。

Myホームページ
Twitter
Last.fm

Twitter

検索フォーム

ニコニコマイリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。