このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
2010
05
31

「LOVEBEAT」 砂原良徳


このエントリーをはてなブックマークに追加
sunahara-lovebeat.jpg

「テクノ」は、都会の空気を感じさせたり、近未来的なイメージを駆り立てるモノが多い。個人的には、そこがこのジャンルの好きなところでもある。そういう意味では砂原良徳の作り出す音像は、テクノのイメージを身体全体で表現していると言ってもいいかもしれない。アンビエント風味という意見があるかもしれないが、聴いていて清々しい。

最近は生楽器を組み合わせた「フォークトロニカ」などの器用な音楽も増えている。文字通り弦楽器などの音を使い、より世界観を際立せていく音楽である。勿論ロックとの組み合わせなども80年代に生まれ、現在も多くのバンドが、各々の表現の幅を広げるために電子音を効果的に取り入れている。「テクノ」と「エレクトロニカ」という言葉の意味も、最近では重なってきている。まあ、もともとハッキリとした定義も無く、区別もあってないようなものだったが、砂原良徳の音楽は、まさしく「テクノ」であると言える。何故かはよく分からない。音を聴いた、感覚的な感想だ。

砂原は、電気グルーヴで傑作「A(エース)」の制作後に脱退したが、その 後に電気が出した「VOXXX」は、ネジが外れたように愉快 で表情豊かな作品になった(とはいえ、傑作に推す人も多いほどの名作)。そこからも、砂原電気グルーヴの良心的な部分を司っていた ことが分かるだろう。もっと言えば音の無機質な部分とか。そういった、電気グルーヴから抜け落ちた部分を彼が綺麗に持ち去り、表現したのが「LOVEBEAT」である。当然といえば当然だが。

打ち込みのクチャっとした感じや、背後を流れるように通り抜けるシンセの心地よさ、無機質でありながら音色の美しさが栄えるそれぞれの曲は、電気グルーヴの時のコミカルな雰囲気とは無縁のサウンドを形成している。まるでビルが密集した大都会を飛行機内から俯瞰したような、近未来的で且つ爽やかな作品だ。

テクノ・クラブ系の音楽は、他のどの音楽よりもジャンルの細分化が著しい。とりわけジャンル分けに心血が注がれ、議論されるのがこれらの音楽だ。しかし砂原良徳が生み出す音楽は、議論の余地が無いほどテクノフィールドのど真ん中にいる。最近、彼の音楽を聞く機会に恵まれ、今更ながらようやく理想的な「テクノ」に出会えた気がした。





関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

タグ

プロフィール

コウヤン

Author:コウヤン
ようこそ!
音楽をメインに綴りますが、基本的にブログの方針は定まっておらず・・・。

Myホームページ
Twitter
Last.fm

Twitter

検索フォーム

ニコニコマイリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。