このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
2010
01
16

カレンダー四枚のカフェ


このエントリーをはてなブックマークに追加
Four-Calendar Café


今までホームページにうpしてきたレビューは、結構聴き込んだり、半年ほど前に買った作品が中心でした。しかし、それでは毎月少量の作品しかうpできない上に、紹介したい作品が溜まる一方なので、これからはブログを使って最近聴いてる作品を淡々と語っていきたいと思います。その後レビューを書き換えて再度ホームページの方にうpするつもりです。そして今回はCocteau Twins

「Treasure」を最近聴き返したことで、またCocteau Twinsにハマっています。

聴いてて思うんですが、このバンドって駄作や凡作ってないんですよね。
傑作と評される代表作はあれど、作品を通じて期待を裏切らずにリスナーの期待にこたえているような安定感があります。その中で世間の評価が芳しくない「Four-Calendar Café」も例外ではありません。

この作品が凡作と言われるのは、傑作と言われる前作「Heaven of Las Vegas」と比較されてしまっていることが背景にあるのかもしれません。あとはジャケットデザインとか・・・?

前作がキャッチーで非常に聴きやすかったのに対し、この作品は綺麗なサウンドを生かしたおしとやかなイメージがあります。正直Cocteau Twinsの作品の中では最も地味な位置にあるアルバムのような気もするし、リリース当時は活動も円熟期を迎えていたためなのか、敬遠されがちな作品な気がします。

しかしガラス細工のような「Oil Of Angels」、激しいサウンドと無駄のない曲構成の「Summerhead」を聴けば、アルバムに対する関心がぐっと高まるかと思います。この二曲は名曲です。他の曲も相変わらずバンドの高貴なイメージが表現されています。シングル「Bluebeard」も至高。


  

関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。
  2. 2010/01/17(Sun) 16:10アダバナ [ URL|Mail ]

    ウチも今後は同じ方式で更新を続けようと思っています。サイトの更新ってブログに比べて何となく億劫ですよね。多分ブラウザだけで作業が完結するのが気楽なんでしょうね。お陰で現在進行形の嗜好を記事にしやすい…速報性というか、そういうのが利点だなと思います。

    Cocteau Twinsは、僕の場合は彼らに影響を受けたいくつかの後発のアーティストを先に気に入って、そこから辿る形で出会いました。偉大です。今はまだ全盛期?周辺の作品しか持っていないけど、後期は後期でまた違った良さがありそうなので、そのうち聴いてみたいと思います。

  3. 2010/01/18(Mon) 16:19コウヤン [ URL|Mail ]

    現在進行形で聴いている作品を紹介するのが一番モチベーションが上がるので、このような形で更新していくことにしました。そのため今後は更新ペースが早くなっていくと思います。

    どんなバンドも耽美なサウンドを出せば、必ずと言っていいほどCocteau Twinsの名前が上がります。それほどこのバンドの影響力というのは強いのでしょう。僕はシューゲイザーを知ったのと同時期に聴き始めましたが、シューゲイザーもまたCocteau Twinsに影響されているバンドがほとんどのようです。
    僕もまだ全部の作品を聴いてないので、これからどんどん集めて聴いていきたいです。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

タグ

プロフィール

コウヤン

Author:コウヤン
ようこそ!
音楽をメインに綴りますが、基本的にブログの方針は定まっておらず・・・。

Myホームページ
Twitter
Last.fm

Twitter

検索フォーム

ニコニコマイリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。