このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
2011
03
17

東北地方太平洋沖地震


このエントリーをはてなブックマークに追加
 ご存知のとおり、先週起きた大地震により甚大な被害が日本列島で広がっています。


 私は千葉県船橋市に住んでいますが、非常に強い揺れを感じました。棚のモノが沢山落ち、キッチンでも音を立てていろんなモノが倒れました。地震発生時は部屋にいましたが、幸い怪我もなく無事です。

 ただ、こちら以上に東北地方の被害が甚大で、地震による津波により多くの方が被災されました。亡くなった方へご冥福をお祈りします。


 電車のダイヤの乱れ、計画停電、ガソリンや食料品の買い占めなど、私が住んでいる地域を初め関東圏で大きな影響が次々と起こり始めています。特にガソリンが買えないのは個人的に痛いです・・・。しかし、こういう時だからこそ周りに流されず冷静になるように努めましょう。そして譲り合いの気持ちを忘れないようにしたいものです。

 停電すると確かに生活に大きな支障が出ます。しかし、長くてもたった3時間ですよ? そのために買い占めをする必要は殆どありません。落ち着いてください。ただ、お店の棚からモノが無くなっていくのを見て不安になり、余計に買ってしまう気持ちはよくわかります。これは人間の心理から考えても仕方ないことだそうです。しかし、そこをグッと堪え、本当に今いるのかよく考えましょう。果たしてそんなに電池を短期間で使うのか、日持ちしないパンを短期間で食べるのかetc・・・

 自分も不安な毎日を送っています。タイミングを逃したために禄に食料が手に入らないし、ガソリンが一リットルを切って3日目になるのにまだ買えないし、停電する可能性もある。予想してない出来事の数々に戸惑うばかりです。


 偉そうなことを言って申し訳ありません。ただ、私が言いたいのは、周りの焦った空気に流されず、冷静になって欲しいということです。そうすれば判断力と譲り合いの心が生まれて、モノやコトがうまく循環し、助かる人が増えると思います。本当に大変なのは避難生活している人たちですからね。
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
スポンサーサイト
2011
03
17

「Untouched」Secret Shine


このエントリーをはてなブックマークに追加
SecretShine-untouched.jpg


 今年の1月にニ年ぶりとなる新作「The Beginning and the End」をリリースしたことに驚きつつ、今回はSecret Shineのデビュー作、「Untouched」を紹介します。それにしてもリアルタイムで活躍していたシューゲイザーバンドが、再結成してここまで頑張ってくれているのはとても嬉しいことです。

 Secret Shineは、1990年にサラ・レコードからデビューし、1993年に本作をリリース。シューゲイザー・ムーヴメントの渦中で活躍し、1996年に解散。その後十年以上の時を経た2008年に再結成&新作リリース。そして現在に至っています。因みに、COTDのNARASAKIが、ベストオブシューゲイザーとしてSecret Shineを挙げたそうです。


 瑞々しくもけたたましいギターサウンドをはじめ、隅々まで行き渡る男女のコーラスワークや、甘ったるいメロディ。これらが視界をぼやけさせていく様は、まさにドリームポップ、これぞシューゲイザー。中でも、女性の耽美なコーラスがふんだんに取り入れているところが高評価でした。表に出過ぎず、雪山からこだましてくるようなコーラスの美しさは、他のバンドと比べても随一だと思います。

 他にも、全体を覆うギターノイズの波の中で、ドラムやヴォーカルが強い主張を見せている部分や、シンプルで聴きやすく部分が、ロックバンドらしくて良いですね。個人的に大好きなのは#2「Temporal」と#7「Underworld」といった、疾走感のある曲です。

 瑞々しいサウンドに関しては、さすがサラ・レコード、といったところでしょうか。夕焼けの海面反射を土手から眺めているかのような・・・、そんな青臭さや美しさを感じた作品です。8曲と収録曲は少ないですが、シューゲイザーの魅力全開の名作と断言できます。SlowdiveRide並にもっと評価されてもいいと思うのですが・・・。



  
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
2011
03
04

「The Nothings of The North」 Ametsub


このエントリーをはてなブックマークに追加
ametsub-nothings.jpg

 エレクトロ奏者Ametsubによる2ndアルバム。Ametsubは、あの坂本龍一に絶賛され、クラムボンのミトが惚れ込んだと言われるアーティスト。2009年発表の本作は、IDM・エレクトロニカに新風を起こした名作です。

 ぶつ切りにしたピアノの音や細かなノイズ、日常生活の何気ない"音"をかき集め、再構築したようなサウンド。一聴すれば、その複雑に絡んだメロディにアート性の高さを感じるはずです。緻密に作られたサウンドや可愛らしいシンセが耳をくすぐり、静寂を大事にしながら鳴り渡る情緒的なメロディが、目の前に新たな日常風景を広げていきます。

 細かな音が錯綜し、それが日常の喧騒とシンクロしながら穏やかな一面を見せるという、その表現力とクオリティの高さに驚かされた作品です。優しい音が重なり合い、絡み合い、聴いてて気持ち良すぎ。今後長く愛聴していく作品になりそうです。



にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

カレンダー

タグ

プロフィール

コウヤン

Author:コウヤン
ようこそ!
音楽をメインに綴りますが、基本的にブログの方針は定まっておらず・・・。

Myホームページ
Twitter
Last.fm

Twitter

検索フォーム

ニコニコマイリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。