このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
2011
02
21

「HIGHVISION」SUPERCAR


このエントリーをはてなブックマークに追加
supercar-highvision.jpg

 2002年に発表されたSUPERCARの名作。1stの青春轟音ロックアルバムから、音響系へと徐々にシフトしてきた彼らの最終型とも言えるアルバムで、代表作の一つでもあります。電子音で埋め尽くされた情緒的でアート感溢れる作品で、心地良いサウンドが散りばめられております。

 映画「ピンポン」にも起用されたシングル #8「YUMEGIWA LAST BOY」が、砂原良徳の全面プロデュースでリリースされたことからも、面舵いっぱいで音響系へ切り替えした彼らの思い切り具合が伝わるというもの。#8はフワフワとしたシンセにフルカワミキのコーラスが幻想的な世界を作り出した本作を代表する名曲です。個人的には冒頭の三曲がお気に入りで、草原を走り回っているかのような#2「WARNING BELL」と、バンドサウンドと電子音が融合した#3「STORYWRITER」は大好きです。

 朗読するようにクールなナカコーのヴォーカルと、可愛らしくも美しいフルカワミキのコーラスの魅力は相変わらずで、コレがなければこの作品は成立していない、と言っても過言ではありません。移り変わるバンドイメージの中で、ほぼ変わらずあり続けるこのパーツがあったからこそ、本作が素晴らしい出来になったのだと推測しています。SUPERCARについては詳しくないんですが、本作はまるで生まれるべくして生まれた作品だったんじゃないでしょうか。そう感じてしまうほど、電子音が似合うバンドでもあったんですよ、きっと。




にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
スポンサーサイト
2011
02
10

「Lost Summer」Blackmail


このエントリーをはてなブックマークに追加
blackmail-lostsummer.jpg


 ドイツのオルタナティブ・ロックバンドBlackmailによる、日本限定リリースのミニアルバム。日本限定なんて聞くと、B面集か何かと疑ってしまうのですが、「In the Summer」など秀逸な名曲が収録されており、これだけでも価値のあるアルバム。

 うねる重低音とギターリフなどによる骨太のロックサウンドがとても痛快なバンドですが、一方で本格的なエレクトロ要素を含んだ「Dull(remix)」といった曲もあり、彼らの幅のある音楽性を少ない楽曲群で知ることが出来ます。バンドサウンドの痛快さは「In the Summer」が特に顕著で、個人的に大好きな曲です。

 鼻にかかるようなヴォーカルこそ好みが分かれそうですが、ポスト・グランジ系の泥臭さと、ロックンロール・リバイバル系とも言えるバンドサウンドは一聴の価値ありです。




にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

カレンダー

タグ

プロフィール

コウヤン

Author:コウヤン
ようこそ!
音楽をメインに綴りますが、基本的にブログの方針は定まっておらず・・・。

Myホームページ
Twitter
Last.fm

Twitter

検索フォーム

ニコニコマイリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。