このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
2010
06
16

Super Mario 64 OST


このエントリーをはてなブックマークに追加
supermario64.jpg

 96年に発表された、言わずと知れたNintendo64の看板タイトル「スーパーマリオ64」
 今回は、マリオが3Dの世界を動き回る初めての作品。同時に、マリオ担当の声優さんが初めて声をあてた作品でもあり、今後のマリオシリーズの基板を作ったゲームであるのは言うまでもありません。
 あと余談ですが、事あるごとにさらわれるピーチ姫が、唯一さらわれていないシリーズでもあります。(閉じ込められている…と言うことで(笑))

 まあ作品の面白さは今更語るまでもないです。バグや裏技も含め、世界中で遊び尽くされている作品ですし、個人的にもよくプレイしました。それよりも音楽が作りだす、緊迫感のある荘厳な雰囲気が記憶に残っている人もいるかも知れません。特にクッパとの対決で醸し出される、鬼気迫る雰囲気。小学生の頃は音楽だけでずいぶんとビビらせてもらった覚えがあります(笑)。本体はかなり巨大になってるし、オドロオドロしい声まで発するようになった今回のクッパは、全シリーズ中で最もインパクトを感じました。

 一方で海底や草原、雪山、砂漠などといったステージには、とてもほのぼのした音楽が当てられています。まるで世界旅行にでも出かけているかのような広大で美しいBGMは、プレイヤーを物語の世界に引きずり込んでいきます。ステージをプレイしているときは基本的にゲームの最終目的(城を取り戻す)を忘れてますね。
 個人的に好きなのは"ウォーターランド"の音楽。クリスタルのように輝くメロディが、海底に一本筋が通った光のようでとても綺麗。因みにこの曲はステージ内を進むごとにシンセやドラムが被さっていく、凝った音作りがされています。

 最近DSで本作をプレイしていたら、ゲームの内容よりも音楽にばかり意識が集中してしまいました。名作の裏には音楽の貢献があり、ですね。




にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
スポンサーサイト

カレンダー

タグ

プロフィール

コウヤン

Author:コウヤン
ようこそ!
音楽をメインに綴りますが、基本的にブログの方針は定まっておらず・・・。

Myホームページ
Twitter
Last.fm

Twitter

検索フォーム

ニコニコマイリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。